weee利用規約

第1章総則

第1条(利用規約)
  1. この利用規約は、weee株式会社(以下「weee」とする。)が提供する「weee e契約」の利用(以下「本サービス」とする。)の一切に対して適用します。
  2. 登録者は申込前に必ず本利用契約の内容を確認し、申込を行うに際しては、本利用規約の内容を承認したものとします。
第2条(利用規約の変更)
  1. weeeは、登録者の了承を得ることなく、この利用規約を変更することがあります。この場合、本サービスの利用条件は、変更後の利用規約に同意したものとみなします。
  2. 変更後の利用規約については、weeeが別途定める場合を除いて、利用者が閲覧可能となった時点で、規約変更が有効となります。

第2章 登録者

第1条(登録資格)

登録者は、産業廃棄物に関する事業を営む個人又は事業者の方に限ります。

第2条(登録者)
  1. 登録者とは、weeeに本サービスへの登録を申し込み、weeeが承認したものとします。
  2. 登録者は、weeeに本サービスへの登録を申し込んだ時点で、この利用規約の内容を承諾したものとします。
  3. 登録者は、利用規約に定める事項を遵守するものとします。
第3条(利用料金および権利など)
  1. 本サービスを利用する費用は、別途、価格表に記載しているものとします。
第4条(登録の承諾)
  1. weeeは、本サービスの所定フォーム、又は、ご利用申込書を受け付け、必要な審査・手続きなどを行い、登録を承認します。
  2. 登録を承認された登録者へID及びパスワードを通知します。
第5条(登録の不承認)

weeeは、審査の結果、登録申込者が以下のいずれかに該当すると判断した場合、登録申込者の登録を承認しないことがあります。

  1. 登録申請者が第2章第1条に定める資格を有しない。
  2. 登録申込者が実在しない。
  3. 登録申込をした時点で、利用規約の違反等により登録資格の停止処分中や、過去に利用規約の違反等で除名処分を受けたことがある。
  4. 登録申込の際に申告事項に虚偽が記載がある。
  5. 登録者が民法第20条の制限行為能力者である。
  6. 本サービスの遂行上、技術上支障がある。もしくは支障が生じる恐れのあるもの。
  7. 登録申請者が廃棄物処理に関する法律、条例等に違反し処罰を受けたことがある、又は、現在違反の調査もしくは訴訟を受けている。
  8. 登録申請者が反社会的勢力団体関係者である。
第6条(譲渡の禁止)

登録者は、登録者として有する権利(ID・パスワード等を含む。)を第三者に譲渡したり、売買、名義変更、その他担保に供する等の行為はできません。

第7条(変更登録)
  1. 登録者は、商号、所在地、その他weeeへの届け出内容に変更があった場合には、速やかに所定の方法で変更登録をするものとします。
  2. 前項の変更登録についても第2章第5条の規定に準じて、変更登録を承認しないことがあります。また、変更処理が無かったことで登録者が不利益を被ったとしても、weeeは一切その責任を負いません。
第8条(登録取り消し)
  1. 登録者が本サービスの登録を取り消す場合は、所定の方法でweeeに届け出るものとします。
  2. weeeは、以下のいずれかに該当したときは、前項の届け出があったものとして取り扱います。
    1. 登録者の死亡、登録者が民法第20条の制限行為能力者となったこと。
    2. 登録者を破産者とする破産の申し立て、登録者の倒産、又は、廃業、民事再生法に基づく申し立てなど。
    3. 登録者の吸収合併、又は、組織変更等による法人としての同一性の喪失、営業の全部譲渡。
    4. 登録者による本サービスに対する破壊、妨害行為などの恐れがある場合。
    5. 窃盗、詐欺、恐喝、横領、背任、贈収賄、業務妨害、名誉毀損、侮辱、脅迫、公然わいせつ物陳列、電磁的記録の改ざん・破壊、不正アクセス等、登録者による本サービスの悪用ないし濫用。
    6. 料金未納の場合
    7. 登録者が反社会的勢力団体関係者であることが判明した場合。
    8. 登録者が廃棄物処理に関する法律、条例などに違反し処罰を受けた場合、又は、受ける恐れが高いと認められる場合。
    9. 登録者排出者の場合に、業務委託料を正当な理由なく一部、又は、全額支払わない場合。
第9条(設備等)

登録者は、本サービスを利用するために必要な通信機器、ソフトウェア、その他これらに付随して必要となる全ての機器を、自己の費用と責任において準備し、本サービスが利用可能な状態に置くものとする。また、自己の費用と責任で、任意の電気通信サービスを経由して本サービスに接続し、利用するものとする。

第3章 登録者の義務

第1条(自己責任の原則)
  1. 登録者は、自己のIDにより本サービスを利用してなされた一切の行為、及び、その結果について、当該行為を自己がしたか否かを問わず、責任を負います。
  2. 登録者は、本サービスの利用に伴い、他者(国内外を問いません。また、登録者に限りません。以下「他者」とする。)から問い合わせ、クレームなどが通知された場合は、自己の責任と費用をもって処理解決するものとします。
  3. 登録者は、他者の行為に対する要望、疑問、もしくはクレームなどがある場合は、当該他者に対し、直接その旨を通知するものとし、その結果については、自己の責任と費用をもって処理解決するものとします。
  4. 登録者は、本サービスの利用によりweee、又は、他者に対して損害を与えた場合(登録者が、この利用規約上の義務を履行しないことにより、他者、又は、weeeが損害を被った場合を含みます。)、自己の責任と費用をもって損害を賠償するものとします。
  5. 登録者は、本サービスを利用して、他者との間でメールの送受信したファイルに関する一切の責任を負うものとします。ファイルの内容の信頼性、正確性、完成度、有用性、ウイルスの有無などについて登録者自身で判断し、登録者の責任とリスク負担のもとで利用するものとします。
第2条(IDおよびパスワードの管理責任)
  1. 登録者は、自己のID、及び、これに対応するパスワード並びに、個人認証を条件として本サービスを利用する権利を、weeeが別途定める場合を除き、他者に使用させず、他者と共有あるいは他者の許諾しないとともに、自己のID、及び、これに対応するパスワードの使用、及び、管理について一切の責任を持つものとします。
  2. weeeは、登録者のID、及び、これに対応するパスワードが他者に使用されたことによって当該登録者が被る被害については、当該登録者の故意過失の有無にかかわらず一切の責任を負いません。登録者は、自己の設定したパスワードを失念した場合、直ちにweeeに申し出るものとし、weeeの指示に従うものとします。
第3条(私的利用の範囲外の利用禁止)
  1. 登録者は、weeeが承認した場合(当該情報に関して権利を持つ第三者がいる場合には、weeeを通じて当該第三者の承認を取得することを含みます。)を除き本サービスを通じて入手したいかなるデータ、情報、文章、発言、ソフトウェア等(以下、「データ等」とします。)も、著作権法で認められた私的利用の範囲を超える複製、販売、出版のために利用することはできません。
  2. 登録者は前項に違反する行為を第三者にさせることはできません。
第4条(その他の禁止行為)
  1. 前条の他、登録者は本サービス上で以下の行為をすることができません。
    1. weee、もしくは、他者の著作権、商標権等の知的財産権を侵害する行為、又は、侵害する恐れのある行為。
    2. 他者の財産、プライバシーもしくは肖像権を侵害する行為、又は、侵害する恐れのある行為。
    3. 他者を差別、もしくは誹謗中傷し、又は、他者の名誉、もしくは信用を毀損する行為。
    4. 詐欺などの犯罪に結びつく、又は、結びつく恐れのある行為。
    5. わいせつ、児童ポルノ、又は、児童虐待に相当する画像、文書等を送信、又は、表示する行為。
    6. 本サービスよりアクセス可能なweee、又は、他者の情報改ざん、消去する行為。
    7. 他者になりすまして本サービスを利用する行為。
    8. 有害なコンピュータープログラムなどを送信、又は、他者が受信可能な状態に置く行為。
    9. 選挙の事前運動、選挙運動、又は、これらに類似する行為、及び、公職選挙法に抵触する行為。
    10. 他者に対し、嫌悪感を抱かれるような広告・宣伝・勧誘等の電子メールを送信する行為、もしくは、その恐れのある電子メール(嫌がらせメール)を送信する行為。他者のメール受信を妨する行為。連鎖的なメール転送を依頼する行為、及び、当該依頼に応じて転送する行為。
    11. 他者の設備、又は、本サービス用設備(weeeが本サービスを提供するために用意する通信設備電子計算機、その他機器及びソフトウェアとし、以下同様とする。)に無制限でアクセスし、または、その利用、もしくは運営に支障を与える行為、又は、運営に支障を与える恐れのある行為。
    12. 本人、又は、weeeの同意を得ることなく、又は、詐欺的な手段により他者の企業情報を収集する行為。
    13. 法令に基づき監督官庁などへの届け出、許認可の取得等の手続きが義務付けられている場合に、当該手続きを履行せず、その他当該法令に違反する、又は、違反する恐れのある行為。
    14. 上記各号の他、法令、この利用規約、もしくは公序良俗に違反する行為。本サービスの運営を妨害する行為、weeeの信用を毀損し、もしくは、weeeの財産を侵害する行為、又は、他者、もしくは、weeeに不利益を与える行為。
    15. 上記の各号のいずれかに該当する行為(当該行為を他者が行っている場合も含みます。)が見られるデータ等へのリンクを設定する行為。
    16. 上記各項の行為に準ずる行為。
  2. 登録者が本章に定める規定に反する行為をした時は、当該登録者は、関連する法律、規則、政令、条例等の法規に定めるところに従い、損害賠償責任を負うことがあるほか、第4章に定める措置を受けることがあります。

第4章 運営

第1条(weeeによるIDの一時停止等)

  1. weeeは、以下のいずれかの場合は、当該登録者の了承を得ることなく、当該登録者に付与したIDの使用を停止することがあります。
    1. 電話、FAX、電子メール等による連絡が取れない場合。
    2. 登録者宛てに発送した郵便物がweeeに返送された場合。
    3. 上記各号のほか、本サービスの正常な運営のために必要であるとweeeが認めた場合。
  2. weeeが前項の措置をとったことで、当該登録者が本サービスを利用できず、これにより損害が発生じたとしても、weeeは一切の責任を負いません。
第2条(データ等の削除)
  1. weeeは本サービスの運営及び保守管理上の必要から、登録者に事前に通知することなく、登録者が本サービスに登録したデータ等を削除することがあります。
  2. weeeが前項の措置を講じた場合において、その措置によって登録者が何らかの損害を被ったとしても、weeeは一切の責任を負いません。
第3条(本サービスの内容等の変更)
  1. weeeは、運営、及び、保守管理、改善、改良等の必要がある場合、登録者に事前に通知することなく、本サービスの内容・名称を変更することがあります。
  2. 前項の変更等によって登録者が何らかの損害を被ったとしても、weeeは一切の責任を負いません。
第4条(本サービスの一時的な中断)
  1. weeeは、以下のいずれかの事由が生じた場合には、登録者に事前に通知することなく、一時的に本サービスを中断することがあります。
    1. 本サービス用設備等の保守を定期的、又は、緊急に行う場合。
    2. 火災、停電等により本サービスの提供ができなくなった場合。
    3. 地震、噴火、洪水、津波、火災等の天災により本サービスの提供ができなくなった場合。
    4. 戦争、暴動、騒乱、労働争議等により本サービスが提供できなくなった場合。
    5. その他、運用上、又は、技術上weeeが本サービスを一時的な中断が必要と判断した場合。
  2. weeeは、前項各号のいずれか、又は、その他の事由により本サービスの提供の遅延、又は、中断等が発生したとしても、これに起因する登録者、又は、他者が被った損害について一切の責任を負いません。
第5条(データ等の保管およびバックアップ)
  1. 登録者は、本サービスが本質的に情報の喪失、改変、破壊等の危険が内在するインターネット通信網を介したサービスであることを理解した上で、サーバ上において利用、作成、保管記録等するファイル、データ、及び、電子メールデータ等の全て(以下「登録者保有データ」という)を自らの責任において利用し、保管管理し、かつ、バックアップするものとします。
  2. weeeは、システム保安上の理由等により、登録者保有データを一時的にバックアップする場合があります。ただし、当該バックアップは登録者保有データの保全を目的とするものではなく、weeeが登録者からの当該バックアップデータの提供要求に応じる場合であっても、weeeは当該データの完全性等を含め何らの保証をしません。
  3. 登録者が登録者保有データをバックアップしなかったことによって被った損害については、weeeは損害賠償責任を含め何らの責任を負わないものとします。
  4. weeeは、登録者保有データの破損、消失、変質、コンピューターウイルス感染等(以下、「破損等」という)がないよう合理的な努力を行いますが、これらにより破損等の完全な防止を保証するものではありません。
第6条(免責)
  1. 本サービスの内容は、weeeがその時点で提供可能なものとします。weeeは、本サービスに登録され、あるいは提供されたデータや情報等について、その完全性、正確性、適用性、有用性等に関し、いかなる責任も負いません。
  2. weeeは、登録者が本サービスで蓄積した、又は、登録者が他者に蓄積することを承認したデータ等の消失(第4章第2条に基づくweeeによる削除も含みます。)、他者による改ざんに関し、いかなる責任も負いません。
  3. 第3章第4条、前条および前項の他、weeeは本サービスの利用により発生した登録者の損害(他者との間で生じたトラブルに起因する損害も含みます。)、及び、本サービスを利用できなかったことにより発生した登録者、又は、他者の損害に対し、いかなる責任も負わないものとし、一切の損害賠償義務を一切追わないものとします。
第7条(本サービスの中止・廃止)
  1. weeeはオンライン上で事前通知をしたうえで、本サービスの全部、又は、一部の提供を中止、又は、廃止することがあります。この場合において、本サービスの中止、又は、廃止の事前通知は、オンライン上で表示されて時点で全登録者に通達したものとみなします。
  2. 前項の手続きをとることで、中止、又は、廃止により損害が発生したとしても一切の責任は負いません。
第8条(利用規約違反等への対処)
  1. weeeは、登録者が利用規約に反した場合、登録者による本サービスの利用に関して他者からweeeにクレーム・請求等がなされ、かつ、weeeが必要と認めた場合、又は、その他の理由で本サービスの運営上不当とweeeが判断した場合は、当該登録者に対し、次のいずれか、又は、これらを組み合わせた措置を講ずることがあります。
    1. 利用規約に違反する行為を止めること、及び、同様の行為を繰り返さないこと。
    2. 他者との間で、クレームなどの解消のための協議を行うことを要求します。
    3. 登録者が発信、又は、表示する情報を削除することを要求します。
    4. 事前に通知することなく、登録者が発信、又は、表示する情報の全部、もしくは、一部を削除し、又は、他者が閲覧できない状態に置きます。
    5. 事前に通知したうえで、IDの使用を一時停止し、又は、除名処分とします。(但し、weeeが緊急を要すると判断した場合、事後に通知するものとする。)
  2. 前項の規定は、第3章第1条に定める登録者の自己責任の変則を否定するものではありません。
  3. 登録者は、第1項の規定はweeeに同項に定める措置を講ずべき義務を課すものではないことをここに承認します。また、登録者は、weeeが第1項各号に定める装置を講じたことにより発生する当該措置に起因する結果に関し、weeeを免責するものとします。
第9条(weeeによる登録資格の停止)
  1. 登録者の次のいずれかに該当する場合は、weeeは当該登録者に事前に何等通知、又は、催促することなく、IDの使用を一時停止、又は、除名処分できるものとする。
    1. 第2章第5条のいずれかに該当することが判明した場合
    2. 第2章第8条第2項各号のいずれかに該当する事実が判明した場合。
    3. weeeから第4章第7条第1項から第3号のいずれかの要求を受けたにも関わらず、要求に応じない場合。
    4. その他、weeeが登録者として不適当と判断した場合。
  2. 登録者が第3章第4条各号、又は、前項各号のいずれかに該当することで、weeeが損害を被った場合、weeeは除名処分、又は、当該IDの一時停止の有無に関わらず、当該登録者から被った損害の賠償を請求できるものとします。
  3. weeeは第8条第1項の措置を講じた場合において、その措置が講じられたことの結果として発生する損害については、一切責任を負いません。
第10条(他ネット利用)
  1. 登録者は、本サービスを経由して、weee以外の第三者のコンピューターやネットワーク(以下「他ネット」とします。)を利用する場合において、そのWebマスター等の管理者から当該他ネットの利用に係る利用条件や注意事項等が表示されているときは、これを遵守し、その指示に従うとともに、他ネットを利用して第3章第4条各項に該当する行為を行わないものとします。
  2. weeeは、本サービス経由による他ネットの利用に関して一切の責任を負いません。
  3. 本サービス経由による他ネットの利用においても、利用規約が適用されるものとします。
第11条(本サービスに関する無保証)
  1. weeeは本サービスの内容、提供の状態、アクセスの可能性、使用の状態については、一切の保証をいたしません。
  2. 問い合わせへの回答など、登録者がweeeから直接、又は、本サービスを通じて得た情報やアドバイスについても、登録者から伝えられた限られた情報に基づいて行われており、その内容の真偽、適格性、正確性について保証するものではありません。

第5章 企業情報・通信の秘密

第1条(企業情報)
  1. weeeは、登録者の企業情報を、本サービスでの提供以外の目的のために利用しないものとします。但し、以下の場合はこの限りではありません。
    1. 登録者に対し、weee、又は、weeeの関係機関等の業務に活用するための電子メール等を送付する場合。
    2. 登録者から企業情報の利用に関する同意を求めるための電子メール送付時の場合。
    3. 本サービス提供のために合理的に必要な事業があり、登録者の企業情報を利用する以外に他に適切な方法が無い場合。
    4. その他登録者の同意を得た場合。
  2. weeeは、登録者の企業情報の属性の集計、分析を行い、統計資料を作成し、本サービスの提供のために利用、処理することがあり、また、統計資料を関係機関等に提供することがあります。この場合、weeeは前項の義務を免れるものとします。
  3. 刑事訴訟法第218条に基づく強制処分(令状による差し押さえ、捜査等)が行われた場合、その他相当の理由がある場合には、weeeは、第5章第1条第1項の義務を負わないものとします。
第2条(通信の秘密)
  1. weeeは、電気通信事業法第4条に基づき、登録者の通信の秘密を守るものとします。
  2. weeeは、登録者の本サービス利用記録の集計、分析を行い、統計資料を作成し、本サービスの提供のために利用、処理することがあり、また、統計資料を関係機関等に提供することがあります。この場合、weeeは前項の義務を免れるものとします。
  3. 刑事訴訟法第218条の定めに基づく強制処分(令状による差し押さえ、捜査等)が行われた場合、その他相当の理由がある場合、weeeは、当該処分の定める範囲で第5章第2条第1項の守秘義務を負わないものとします。
第3条(取り扱い)
  1. weeeは、本サービスを介して送受信されるファイルの内容、自動送信される電子メールの送受信状態に関して、一切の責任を負いません。
  2. weeeは、登録者が送受信したファイル、電子メールに関して、いかなる理由があっても開示、閲覧いたしません。
  3. weeeは、本サービスを介して送受信されるファイルについて、送信もしくは受信の過程で、weeeの感知しない種々のネットワークや機器を経由することがあることを理解し、場合によってはファイルの内容に異常をきたす可能性があることを理解したうえで本サービスを使用するものとする。
  4. weeeは、本サービスを介して送受信されるメールについて、weeeの感知しない種々のネットワークや機器を経由することがあることを理解し、場合によってはメールの内容に以上をきたす可能性があること、意図しない第三者による盗み見、利用等が行われる可能性があることを理解したうえで、本サービスを利用するものとする。
  5. weeeは以下の場合、ファイルやメールを開示、及び、閲覧が可能とします。
    1. 法令に基づく場合
    2. 人の生命、身体、財産の保護のために必要がある場合であって、登録者の同意を得ることが困難な場合
    3. 公衆衛生の向上、児童の健全な育成のために必要がある場合、登録者の同意を得ることが困難な場合
    4. 国の機関、又は、地方公共団体、又は、その委託を受けたものが法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、登録者の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼす恐れがある場合

第6章 その他

第1条(協議解決)

利用規約に記載のない事項、及び、利用規約の解釈につき疑義が生じた事項については、その都度当事者間において、誠意を持って協議の上解決する。

第2条(専属的合意管轄裁判所)

登録者とweeeの間で訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を登録者とweeeとの第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第3条(準拠法)

この利用規約に関する準拠法は、日本国法とします。

附則
  1. この利用規約は、平成28年4月1日から施行します。
制定日 : 2015年09月11日
最終改定日 : 2018年04月01日
weee株式会社
代表取締役社長  宗 大介